忍者ブログ
It is backstage though loving doesn't stop.  
2017.09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

岡部の選択、弥生賞を数十年前部屋のテレビで見た。オープン戦広島巨人見ていたのに・。友人の誘惑。

【競馬の歴史がかわる馬が現れるかも??】

競馬なんてどうでもいい、ギャンブルなんか大嫌いだ!!!!

勝った馬シンボリルドルフ 負けた馬ビゼンニシキ

両方とも岡部っていう騎手が乗っていて、弥生賞に両方とも登録してきて、岡部はルドルフを選んだ。友人は、ビゼンニシキを選ぶと思ったそうだ。

【どうでもいいそんなこと、たかが馬じゃないか・・っていうのが当時の俺】

その後、ルドルフは皐月賞というドデカイレースも岡部とともに手にする。勿論、ビゼンは又ルドルフに負けた。

【岡部の選択は正しかった】競馬界ファン一致の見識。

でも、どうだろう。今思うに、当時は友人が言うように、ビゼンが強かったのではないか・・。

【岡部が選んだルドルフ】

選らばれた馬は、選んでくれた騎手に答えようと頑張り、選ばれなかった馬は、スネてしまった。・・・。ただそれだけ・・・。

本当は、ルドルフが抜群に凄い。それはわかっているが、歳を自分が重ねるたびに、【選ばれる】っていうことの嬉しさとか責任とかを・・。余計感じるから・・。役者なんかもやっていて、余計。

そして選ばれたルドルフは、岡部にプレゼントとして、ダービー府中の2400ののり方までも伝授する。そこで動いちゃダメ、まだまだ、ここここからゴウを・・。そして淀の3000菊の大輪を。グイッと。

【近代競馬の申し子】

と呼ばれたルドルフのことを、農協に入り全農平塚研修所で、自己紹介の際ルドルフのことを15分くらいしゃべってたら、研修所の風呂場に氷見市農協の人が来て、日本人ならジービーやろ、これまだ鮮明に覚えている。

【抜群の勝負根性】

初ライブは東京競馬場ジャパンカップ、ルドルフ三着でも三歳馬菊花賞より中一週間の過酷ローテ1.2着は逃げてスイスイ、三着ルドルフに迫る世界のマジェスティを並ばれて抜かせない根性にしびれる

【至上最強馬】

いろんな馬が、ルドルフを超えるかもっていわれたけど、結局そんな馬は現れないと思っていた。それくらい俺はルドルフの力を信じて疑わなかった。あの馬が登場するまでは・・。ディープインパクト。

【親から子へ】

ルドルフからトウカイテイオー

【ルドルフに会えたから】

オグリキャップ、カツラギエース、フレッシュボイス、シンチェスト、ゴールドシチー、メジロデュレン、タマモクロス、ツルマルガール、ナイスネイチャ、イクノディクタス、ミスタースペイン、ミスターシクレノン、カミノクレッセ、シスタートウショウ、アドマイヤコジーン、ツルマルボーイ、ロサードも・・。もいた。そしてメイショウサムソンも。そしてそして今一番好きなリーチコンセンセスもいた。

【ルドルフが亡くなった】

昨年オグリが去り、そしてルドルフも・・。

【キャロットクラブ】

10月のカレンダーの馬を見ながら・・・。

今自分の一番やりたいのは、有機自然農、二番目は芝居の脚本を完成する。

一番好きだった筈の競馬が少しずつ遠のいていってるのかな。

神様が競馬は、もういいじゃないか、なんて。

でも競馬じゃなくて、馬は一番好き!!

農協の先輩は、「大坪は、競馬好きじゃなか、馬好きものなぁ~~」なんて・・。

さてもう寝よう、明日も早い!!!!!!!!!!!

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/22 おおいし]
[11/19 おおいし]
[09/30 坪。]
[09/29 おおいし]
[09/27 坪丸]
最新TB
プロフィール
HN:
Tsubo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by Ninja Blog Photo by MIZUTAMA Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]